今日も明日も明後日も、まんがを描いて暮らすひと。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ポイズンベリー

ポイズンベリーは今月28日発売のココハナにて最終回です!
2009年の12月発売の号から連載始まってたので、あれから約5年半経ったんですね・・・。
長かったようなあっという間だったような。
最後までどうぞよろしくお願いしますおはな

そして、映画は5月9日公開です。

実は、この映画の話って何年も前に来てまして、
それこそショコラティエのドラマなんかより全然前だったし、
(というか、ショコラティエのフジテレビさんのお話はたまたまパッと来てパッと決まった)
コミックスもその当時まだ2巻までしか出てなかった、そんな頃でしたおはな

なので、お話を頂いた際、プロデューサーさんには
このお話がこの先どんな経緯をたどり、どう終わるのか、
いちこやいちこの脳内に何が起きて、自分(自分たち)は何が大切だと考えてどう決断するのか、
そんな内容を詳しく書いたプロットをお渡しして、映画の内容を検討して頂きました。
(そのプロットを出した時、ココハナの担当編集さんも初めて
 ポイズンベリーのその後の展開や結末を知ったのでした(笑)。
 そして、プロデューサーさん方的には、当初想定してらした展開とだいぶ違ったみたいで、
 "えっそうなるの!?キャスティングどうしよう!?"みたいな感じで
 戸惑っていらしたのを覚えています(笑))

わたしは個人的には、映画は映画でまた、別の方が作る別の作品だと思ってるので
全然映画オリジナルな展開にしちゃっていいし、漫画と全然違えちゃっていいですよ〜と
先方にはお話ししてたのですが、
なんだかんだで概ね原作からそんなに離れない映画にして下さったようで、
話の大筋、キーワードとなる言葉、
「好きな人といられることと、その人といる自分を好きかどうか、本当に大切なのはどっちなの?」
という最終的なテーマ等もそのまま使って下さってます。
私自身も脚本に手を加えさせて頂き、セリフを書かせて頂いた部分もあり、
原作の脳内キャラたちのあのノリを
いい感じで三次元化して頂けたのではないかと思います。

プラス、映像でしか出来ないことで大きくグレードアップした部分がたくさんありますし
スタッフさんのアイディアで新しく作られた部分や、映画のオリジナル展開もあり、
オリジナルキャラクターも登場してます。
会議室もすごく凝ったデザインで、大道具さんのセンスも素晴らしいです。
とてもテンポ良い可愛い作品、
原作より全然少女漫画らしい(笑)、まっすぐな作品になってると個人的には思いますので
素晴らしい役者さん方や、スタッフの皆さんの才能の結晶を
是非お楽しみ頂きたいと思います。


写真は、こないだうちで焼いたスコーン。
オオカミの口がいい感じにパカッと開きましたパクッ
| 23:20 | オシゴト | - | - |
New Entries
Category
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Archives
Links
joujou
Mobile
qrcode
Other