今日も明日も明後日も、まんがを描いて暮らすひと。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
さすがの

アラン・デュカスのボンボンショコラ詰め合わせ。
チョコ友さんやショコラティエさんからも高い評判を聞いていたので楽しみにしてたのですが、
ほんとにおいしかった!
特にプラリネ、ふわっとした中にカリッカリの細かいナッツ片の歯ごたえが効いていて
とってもおいしいです。
ガナッシュオリジンシリーズは、全体的に酸味が強めな印象。

料理人のショコラと言えば、クリスチャン・コンスタンも思い浮かびますが
あれも大の大のお気に入り。
日本店があっさり撤退したのは残念でしたけど、
海外に行った時のお楽しみも少しはあったほうがいいですよね。
今ホントなんでも、日本で買えるようになっちゃいましたからね。

と、チョコ話をしたところで

失恋ショコラティエ、8巻は5月9日に出ます!
どうぞお楽しみにー。



ドラマのほうは結末へ向けて動いていますね。

ドラマに関しては、テレビの世界ってたくさんの方があちこちで動いていて
ものすごいスピードでいろいろ進んでいるので、
様々なことがあっという間に流れ去って行くのを対岸から眺めている感じでしたが、
いち視聴者的な立場でオンエアを拝見して
「へ〜こんな風になったんだ〜!」と毎週楽しませて頂いてます。
原作そのままに作られているところ(演出や背景(ロケ地)など)を
アシさんたちと見て盛り上がったり、
ちょっとしたオリジナルの一言・一場面が付け足される(または省かれる)ことで
キャラクターの印象がガラッと変わるんだな〜っていうことを勉強させて頂いたりと、
貴重な経験をさせて頂いていて、本当にありがたい日々です。


思えば、
ドラマ情報が発表になる直前の時期に、「枠は月9に決定しました」と聞いて
「えっ月9?月9で不倫とか本当にやるんですか?」
「ドラマは漫画と違って11回しかないし、
そこまで原作通りやっちゃうと物語を捌ききれないんじゃないんですか?」って
チキンで心配性なわたしは僭越ながらお伝えしたんですけど(笑)、
不倫もそのままドラマでやります!との力強い答えを伺い、
どうなることか〜とハラハラしながらスタートした映像化でしたおはな

私は結構、アメリカのTVドラマとか大好きで
キャラがみんな際立ってて会話劇もウィットや皮肉に満ちてて、展開も容赦ない・えげつない、
安心して観てられるキャラは一人もいない・・・そういうのが大好きなので(笑)
多分、自分の漫画の作風にも良きにつけ悪しきにつけ影響が出てると思うし、
そんなのゴールデンタイムで流して喜ばれるのかな〜?とか
ひとりで勝手にいろいろ心配してたのですが

きっとテレビの世界でやりたいこと、求められてるものもいろいろあって、
わたしが心配したりする必要はないのかもしれないですね。

わたしは漫画家で、テレビとかドラマのことは門外漢なので何もできないですが
そちらの世界のプロの方々が何をどう料理して行くのか、演出、音楽、お芝居、
あらゆる面での手腕を見られたことは、とても面白かったです。



そんなお祭り?もそろそろ終わりですが、
第10話・第11話(最終回)はドラマオリジナルの展開で、
原作とは全く違う展開・エンディングになっています。

わたしが描いてたら絶対キャラたちがやらないようなことや、言わないことがどんどん出てくるようなので
原作とはまた別の世界、パラレルワールドへ飛んだような感覚で、
わたしも楽しみながら拝見しようと思いますおはな

漫画の方のラストはまだもうちょっと先ですけど、
そちらはそちらで、気長に楽しみにしていてくださいね。
| 22:46 | モグモグ | - | - |
New Entries
Category
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Archives
Links
joujou
Mobile
qrcode
Other